「日局クレオソート」の版間の差分

編集の要約なし
'''日局クレオソート'''は、 [[ブナ]]などを[[乾留]]させる際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール)を蒸留して得られる、淡黄色透明で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体。[[日本薬局方]]に収載されていることから、石炭由来の[[クレオソート油]]と区別するために「日局」をつけて呼ばれる。第十五改正[[日本薬局方]]第一追補より'''木クレオソート'''が正式名称で、クレオソートが別名もいうなった
 
[[多環芳香族炭化水素]]はほとんど含有せず、木材糖類など構成成分が熱分解されて生成した環状[[ケトン]]などフェノール系化合物を含有する。[[正露丸]]など鎮痛服用薬として用いられている。
 
== 主成分 ==
*[[クレゾール]]
*[[フェノール]]
*[[キシレノール]]
 
== 参考文献 ==
9

回編集