「ニケフォロス3世ボタネイアテス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ニケフォロス3世ボタネイアテス'''(Nikephoros III Botaneiates [[ギリシャ語]]表記:Νικηφόρος Γ' Βοτανειάτης ?-[[1081年]][[4月1日]])は、[[東ローマ帝国]][[ドゥーカス王朝]]の[[皇帝]](在位[[1078年]]-1081年)。
 
時の皇帝・[[ミカエル7世ドゥーカス]]の時代、帝国は[[セルジューク朝]]の侵攻や皇位をめぐる内紛、財政破綻などから混乱を極め、各地の有力者による内乱も頻繁に勃発していた。このような中、アナトリコン・テマの長官であったニケフォロスは[[小アジア]]で反乱を起こし、1078年に首都・[[コンスタンティノープル]]で起きた反乱によって退位したミカエル7世の後を継いで、皇帝として即位したのである。このとき、ニケフォロス3世は、ミカエル7世の[[皇后]]であったマリアと結婚している。
匿名利用者