「古海卓二」の版間の差分

編集の要約なし
(copyedit フィルモグラフィ中心)
'''古海 卓二'''('''ふるみ たくじ'''、[[1894年]][[3月3日]] - [[1961年]][[4月10日]])は、日本の[[劇作家]]、[[映画監督]]、[[小説家]]である。'''獏 与太平'''('''ばく よたへい''')の名で翻案・オリジナルのオペラ作劇により「[[浅草オペラ]]」、あるいは[[横浜市|横浜]]の[[大正活動映画]]で活動ののちに舞台を[[京都]]に移し、「古海卓二」名で映画監督として活躍した。'''園池 成男'''('''そのいけ なるお''')の名ももつ。
 
== 来歴・人物 ==
=== 浅草オペラの台風の目 ===
[[1894年]](明治27年)[[3月3日]]、[[福岡県]][[遠賀郡]]黒崎村(現在の[[北九州市]][[八幡西区]])に生まれる。[[1908年]](明治41年)、14歳で同村立黒崎尋常高等小学校(現在の[[北九州市立黒崎小学校]])を卒業後[[八幡製鉄所]]に入社するも[[1910年]](明治43年)に左手の指を切断、[[1912年]](明治45年)に上京、[[中央大学]]法科の夜間部に入学する<ref name="古海">『日本映画監督全集』([[キネマ旬報社]]、1976年)の「古海卓二」の項(p.350-362)を参照。同項執筆は[[竹中労]]。</ref>。またこのころ[[添田唖蝉坊]]に弟子入りし、「'''古海 清湖'''」(-'''せいこ''')を名乗った。
 
[[1917年]](大正6年)、[[舞踏家]]・[[石井漠]]の「アサヒ歌劇団」に入団、「獏与太平」名でオペラ台本を書く。当時同劇団には[[新国劇]]から転向した戸山英二郎(のちの[[藤原義江]])がいた。[[1918年]](大正7年)4月、[[西本政春]]、[[河合澄子]]、小沢美羅二(のちの映画俳優[[山本礼三郎]])らと「日本バンドマン一座」を結成、翻案と創作オペラを展開する。浅草の「カフェ・パウリスタ」に集う[[大杉栄]]、[[近藤憲二]]、[[堺利彦]]、[[辻潤]]、[[高田保]]らと親交を結ぶ。[[1919年]](大正8年)上演の『トスキナア』はかつての師・唖蝉坊の楽曲『吁! 金の世や』をフィーチャーした[[アナキズム|アナキスム]]歌劇であった。「清湖」名でつくった『トスキナの歌』はインテリ高等遊民の愛唱歌となった。
[[1920年]](大正9年)5月の[[松竹]]資本による[[伊庭孝]]、[[岸田辰弥]]、[[高田雅夫]]、[[高田せい子]]、戸山英二郎らの「新星歌舞劇団」に参加、同年、26歳のときに同劇団の女優・[[紅沢葉子]]と結婚する。同年8月に同劇団の幹部を[[根岸興行部]]の[[根岸吉之助]]がヘッドハント、「[[根岸大歌劇団]]」を結成すると翌年、同劇団に台本作家として入団する<ref name="古海" />。
 
紅沢が[[横浜市|横浜]][[ (横浜市)|山下町]](現在の同市[[中区 (横浜市)|中区]][[元町 (横浜市)|元町]]1丁目)の映画会社[[大正活動映画]]の撮影所に入社、原作・脚本[[谷崎潤一郎]]、監督[[トーマス・栗原]]による設立第1作『アマチュア倶楽部』に出演するころには、[[本牧]]に居を構えた。同社の撮影所には20歳前後の俳優たちが入社したばかりで、のちの映画監督になる[[内田吐夢]]や[[二川文太郎]]、[[井上金太郎]]、[[横田豊秋]]、あるいは[[竹村信夫]]、高橋英一(のちの[[岡田時彦]])、[[江川宇礼雄]]、[[鈴木すみ子]]、[[渡辺篤]]らが「獏与太平」の家に集った<ref name="古海" />。
 
[[1921年]](大正10年)、大正活映の原島本太郎プロデュースのもと新興宗教[[大本]]の[[出口王仁三郎]]の検挙に取材した『大本教・伏魔殿』で映画監督に転向、浅草「駒形劇場」で公開してヒットとなる<ref name="古海" />。同年9月に大正活映が製作を休止し撮影所を閉鎖すると、「獏与太平」は、紅沢や内田、二川、井上、渡辺、江川らの俳優陣を引き連れて、同時期に設立された[[京都]]の「[[牧野教育映画製作所]]」に合流する。このとき獏与太平こと古海卓二27歳であった。
匿名利用者