「クイックディスク」の版間の差分

編集の要約なし
'''クイックディスク''' ('''QDQuick Disk''', '''Quick DiskQD''') は[[磁気ディスク]]の一種。
ドライブを[[ミツミ電機]]が、メディアを[[日立マクセル]]が開発した。
 
 
クイックディスクでは、片面全部を順に一気に読み出しまたは書き込みする[[シーケンシャルアクセス]]が可能で、任意部分への[[ランダムアクセス]]は基本的に不可能である。これは、ドライブの機構が[[フロッピーディスク]]に比べて単純化されており、ヘッドは「スイープ」しか行えず、「[[シーク (コンピュータ)|シーク]]」が不可能。しかしながら、片面すべてを読み出しまたは書き込みするのに8秒しかかからないので、64キロバイトの[[Dynamic Random Access Memory|DRAM]]を併用すれば、読み出し→RAM上でのランダムアクセス→書き込みという順序を踏むことで、擬似的にランダムアクセスを実現することが出来る。
 
類似した用途構造が類似した製品に[[シャープ]][[ポケットコンピュータ]]シリーズ用の2.5インチポケットディスクがあるが互換性はない。
 
==採用システム==
 
また[[任天堂]]の[[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、ジャケット形状を変更し「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用した。本来のクイックディスクよりもジャケットが厚く、シャッターを付けたカードもある。模倣品を防ぐためジャケット面に商標エンボスキーを施してある。
 
類似した用途、構造の製品に[[シャープ]][[ポケットコンピュータ]]シリーズ用の2.5インチポケットディスクがあるが互換性はない。
 
[[Category:磁気ディスク|くいつくていすく]]
匿名利用者