「中山照守」の版間の差分

m
リンク修正など
(+Cat、生没年)
m (リンク修正など)
'''中山 照守'''(なかやま てるもり、[[元亀]]元年([[1570年]])~[[寛永]]11年([[1634年]])) は[[江戸時代]]の[[旗本]]。[[中山家範]]の嫡男。高麗八条流馬術の使い手。諱は家守とも。弟に常陸[[常陸松岡藩]]主の[[中山信吉]]。[[上田七本槍]]の一人で、槍奉行3500石の旗本。
 
父家範とともに[[北条氏照]]の家臣となり、[[天正]]18年([[1590年]])の[[小田原の役]]後、[[徳川氏]]に弟・信吉とともに召抱えられる。[[慶長]]14年([[1614年]])、[[大の役]]にも参戦。[[寛永]]11年([[1634年]])に死去。享年65。
 
{{People-stub}}