「作庭記」の版間の差分

編集の要約なし
'''作庭記(さくていき)'''とは[[平安時代]]に書かれた[[日本]]最古の庭園書である。江戸時代中期までは「前栽秘抄」呼ばれた。この本は[[寝殿造]]の[[庭園]]に関することが書かれており、その内容は意匠と施工法であるが[[図]]は全く無く、すべて文章である。[[作者]]や編纂時期については諸説あるが、現在、[[橘俊綱]]であるとする説が定説となっており、所収されている岩波書店『日本思想大系』第23巻にも橘俊綱『作庭記』としている。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者