「ルタバガ」の版間の差分

m (robot Adding: be:Бручка)
スウィード(スウェーデンカブ、swede))は[[野菜]](根菜類)のひとつで[[カブ]]の一種。[[アブラナ科]]で、カブや[[キャベツ]]に近い種。葉も食べることがある。日本では'''カブハボタン'''と呼ばれている。家畜の飼料としても用いられる。
 
== 歴史と文化 ==
「ルタバガ」は[[スウェーデン語]]の"rotabagge"から来ており、主に[[アメリカ]]での呼称である。「スウィード」は[[イギリス英語]]での呼称で、スウェーデンチューニップ、イエローチューニップとも呼ばれ、[[スコット人]]ランドで「タニッ(neep)やただ単にカブと呼(=か。またスコットランドのある)」と言うと主にこれを指し、他地域で言うターニップはホワイトチューニップと呼ばれ、アメリカの一部る。[[スコットランド語]]ではイエローチュー(neep)呼ばれる言う
 
[[スコットランド]]の風習郷土料理は、ルタバガはある[[ロバート・バーンズ]]を記念した夕食([[:en:Burns supper]ハギス])では、伝統的にマッシュポテトのように(tatties)とマッシュたルタバガ(neeps)とともに供される。また、パンプキンが手軽に手に入るようになる以前のイギリスでは、[[ハロウィン]]にはルタバガをくりぬいて[[ジャックランタン|ジャック・オ・ランタン]]をつくる作っていた
 
「スウィード」ことルタバガは[[スウェーデン]]原産とされ、スコットランドに移入された。その後、他の[[イギリス]]各地や[[北アメリカ]]に広まっていった。[[ヨーロッパ大陸]]では、[[第一次世界大戦]]中に(他の食物が費えたあと)最後に食べる食物として悪評があった。[[ドイツ]]では、[[1916年]]から[[1917年]]にかけて"カブハボタンの冬"と呼ばれる冬が到来し、人々の多くはほとんどルタバガだけの常食によって何とか飢えをしのいで生き残ることができた。このため、戦後になると人々はルタバガにうんざりしたためか現在では不人気で、あまり作物として植えられなくなった。
309

回編集