「山口芳忠」の版間の差分

[[中央大学]]進学後に[[ディフェンダー (サッカー)|ディフェンダー]]へ転向。4年次には主将を務め1966年の[[関東大学サッカーリーグ戦|関東大学リーグ]]制覇に貢献した。
 
また大学在学中の1964年に日本代表に選出され10月16日の[[東京オリンピックにおけるサッカー競技|東京オリンピック]]1次リーグ[[サッカーガーナ代表|ガーナ]]戦で国際Aマッチデビュー<ref>代表デビューは1964年7月31日の[[ウクライナ]]選抜戦。</ref>を飾り、これ以降左サイドバックのレギュラーとして定着。1968年のメキシコ五輪銅メダル獲得に貢献したのを始め、1974年に退くまで国際Aマッチ49試合に出場した。堅実で激しいディフェンスに定評があり、[[スッポン]]の異名で呼ばれた<ref>そのDF能力を買われ1972年5月26日の日本対[[サントスFC]]戦では世界的スター選手の[[ペレ]]のマンマークを担当したが、2得点を許し完敗している。</ref>。
 
大学卒業後は[[日立製作所本社サッカー部|日立製作所]](現在の[[柏レイソル]])に加入。1972年シーズンの[[日本サッカーリーグ]]初優勝に貢献するなど、121試合出場15得点の記録を残した。また1968年から7年連続でベストイレブンに選出される等、日本を代表するDFの一人であった。
 
引退後は指導者として[[サッカー競技 (ユニバーシアード)|ユニバーシアード]]代表]]、[[オリンピックサッカー日本代表選手|U-23日本代表]]など若い世代の指導を長く務め、1993年に古巣の柏レイソルへ復帰。2000年からは中央大学の監督を務めていた。
 
これらの功績により[[2007年]]に[[日本サッカー殿堂]]入りをした。
匿名利用者