「バカゲー」の版間の差分

→‎分類: {{独自研究S}}
(→‎分類: {{独自研究S}})
 
== 分類 ==
{{独自研究S}}
『BEEP!メガドライブ』においては、バカゲーは"真性バカゲー"・"仮性バカゲー"の2つに分類されていた。それぞれ、「バカっぽくなるように狙って作られたゲーム」・「狙ってないのにバカっぽく見えるゲーム」のことである。これに当てはめるとユーズドゲームズ誌版の定義でのバカゲーは、全て"仮性バカゲー"という事になる。また、[[ギャグ漫画]]等が原作のゲームには、真性バカゲーが多い事になる(が、ギャグ=バカではないし、そもそも笑いを狙っているからと言って、実際に笑えるとは限らない)。