「目」の版間の差分

サイズ変更なし 、 13 年前
m
編集の要約なし
m (→‎人間の目: +色分解能)
m
反射板の上に視覚細胞が並べば、ここで光の方向が分かり、視覚細胞の並んだ面を[[網膜]]と呼ぶ。光の入り口を狭めることで、[[針穴写真機]]の原理で網膜上で像が結べるように調節している。そこに光の入り口に[[レンズ]]や[[絞り (光学)|絞り]]をつければ、更に性能が上がる。
 
多くの発達した動物は、頭部に複数の眼を持つが、左右一の例が多い。ただし様々な例があり、偶数個とは限らず、たとえば[[セミ]]は5(複眼2と単眼3)つ持つ。
 
== 無脊椎動物の眼 ==
4,398

回編集