「ジョージ・アダムス・リーランド」の版間の差分

m
Category:在日アメリカ人の人物
m (野球|)
m (Category:在日アメリカ人の人物)
離日後のリーランドはヨーロッパで咽喉学、耳学の研究に専念した。1882年10月帰国。翌年のボストン[[キリスト教青年会|YMCA]]体育館の医務責任者から医学の道を着実に進み、1912年米国咽喉学会会長就任。1914年ダートマス医学校咽喉科名誉教授となる。1919年日本政府から勲四等章を受章。1924年没。
 
== 参考書籍 ==
* 水野忠文ほか  『体育史概説  -西洋・日本-』  杏林書院、1961年。
* 岸野雄三編著  『体育史講義』  大修館書店、1984年。
* 能勢修一  『明治期学校体育の研究  -学校体操の確立過程-』  不昧堂出版、1995年。
 
== 参考文献 ==
*水野忠文ほか 『体育史概説 -西洋・日本-』 杏林書院、1961年。
* 木下秀明  「近代日本の体育思想  2  G.A.リーランド」『体育の科学』  体育の科学社、第14巻第4号、1964年。
*岸野雄三編著 『体育史講義』 大修館書店、1984年。
*能勢修一 『明治期学校体育の研究 -学校体操の確立過程-』 不昧堂出版、1995年。
 
==参考文献==
 
*木下秀明 「近代日本の体育思想 2 G.A.リーランド」『体育の科学』 体育の科学社、第14巻第4号、1964年。
 
== 外部リンク ==
 
{{DEFAULTSORT:りらんと しよし あたむす}}
[[Category:マサチューセッツ州の人物]]
[[Category:アメリカ合衆国の教育者]]
[[Category:お雇い外国人]]
[[Category:在日アメリカ合衆国教育者人物]]
[[Category:マサチューセッツ州の人物]]
[[Category:体育]]
[[Category:1850年生]]
16,820

回編集