「雲林院」の版間の差分

編集の要約なし
'''雲林院'''(うりんいん)は、かつて[[京都]][[大徳寺]]の南(現在の[[京都市]][[北区 (京都市)|北区]]紫野)にあった[[天台宗]]の大寺。のちに、なまって「'''うじい'''」とも。
 
もとは、[[淳和天皇]]の[[離宮]][[紫野院]]であったが、その後[[仁明天皇]]の離宮となり、やがて皇子[[常康親王]]に賜った。[[869年]]([[貞観 (日本)|貞観]]11年)親王が亡くなった後、僧正[[遍昭]]に譲られ、[[884年]]([[元慶]]8年)、遍昭はこれを花山[[元慶寺]]の別院とし、[[年分度者]]3人を与えられて天台教学を専攻させた。その後、[[鎌倉時代]]までは天台宗の官寺として栄え、菩提講・桜花・[[紅葉]]で有名であった。雲林院は、「[[今昔物語集]]」、「[[大鏡]]」の舞台となり、また「[[古今和歌集]]」以下の歌集で歌の名所であった。[[在原業平]]が「[[伊勢物語]]」の筋を夢で語る[[謡曲]]「雲林院」にもなったが、時とともに寺運が衰えた。
 
[[1324年]]([[正中 (日本)|正中]]元年)復興され大徳寺付属の寺となり、以後[[禅宗]]の寺となったが、[[応仁の乱]](1467年-1477年)の兵火により廃絶してしまった。
 
現在は、地名として'''雲林院'''の名が残り、また堂宇としてわずかに観音堂が残るのみである。
*[[:Category:日本の寺の画像|日本の寺の画像一覧]]
 
[[category{{DEFAULTSORT:京都市の寺|うりんいん]]}}
[[category:京都市の寺]]
[[Category:仏教遺跡|うりんいん]]
匿名利用者