「Kerkerの方法」の版間の差分

少し字句修正
(式調整)
(少し字句修正)
:<math> \rho (n+1) \, = \rho_{\mathrm{in}} (n) + \alpha \{ \rho_{\mathrm{out}} (n) - \rho_{\mathrm{in}} (n) \} = (1 - \alpha) \rho_{\mathrm{in}} (n) + \alpha \rho_{\mathrm{in}} (n) </math>
 
となり。これは<b>単純混合</b>の表式に帰着すとなっている。定数、α、λは計算が速く収束するような値を選ぶが、それは扱う系や計算条件に依存する。
 
==参考文献==
匿名利用者