「共犯」の版間の差分

 
**'''混合惹起説'''
:共犯が処罰されるのは正犯の構成要件該当性及び違法性を前提とした(制限従属性)共犯自身の違法性に基づくとする。法文([[教唆犯]]「犯罪を実行させた」、[[幇助犯]]「正犯を幇助した」)にも忠実なため、現在最も有力な見解である。
 
== 共犯の本質 ==
23,087

回編集