「ストリートファイターZERO (漫画)」の版間の差分

;[[ガイ (ファイナルファイト)|ガイ]]
: 数々の組織に単独で乗り込んでは壊滅させ、世界中にその名を轟かせる謎の東洋人。武神流忍術の使い手。
;[[バルログ (ストリートファイター)|バルログ]]
: 秘密結社「シャドルー」の一員で、闇の格闘大会の主催者。
;[[火引 弾]]
: 格闘技大会でケンに叩きのめされた男。闇の格闘大会でもキラービーに叩きのめされた上、ソドムに落とし穴へと投げ飛ばされた。
;[[アドン (ストリートファイター)|アドン]]
: サガットの一番弟子。サガットがリュウに敗れた後、復讐を果たすために「シャドルー」の手を借りる。目的のためなら手段を選ばず、平気で人を殺める卑劣な男。
;[[ソドム (ファイナルファイト)|ソドム]]
: 犯罪組織「マッドギア」の元メンバー。日本かぶれで、2本の十手を武器に持つ。
;[[キャミィ (ストリートファイター)|キラービー]]
: 遺伝子操作によって生み出された「シャドルー」の強化兵士。ソドムに倒されかけるが、春麗に助けられる。だがその後、ベガに連れて行かれた。
;[[豪鬼|ゴウキ]]
: 拳を極めし者。リュウと同じく「殺意の波動」を持っている。
;[[ベガ (ストリートファイター)|ベガ]]
: 秘密結社「シャドルー」の総帥で、悪の力「サイコパワー」を操る。「世を乱す者」とは彼の事である。
;[[春日野 さくら]]
: ひょんな事からリュウとベガの戦いに巻き込まれてしまった女子高生。原作ゲームではZERO2から登場するキャラクターである。
;[[サガット]]
: ムエタイの帝王。リュウの「殺意の波動」によって倒され、胸に大きな傷跡を残す。再びリュウと戦うため、日々修行を重ねている。
7,908

回編集