「ハドスン夫人」の版間の差分

編集の要約なし
全60編のホームズものの中で、彼女自身が事件の当事者となったことはない。しかし彼女は自宅の2階に住まう、偉大だが風変わりで、「夕食はいつにしましょう?」と聞けば、「あさっての7時半だ」と答える(『[[マザリンの宝石]]』)ような下宿人に根気強く献身的に奉仕した。彼女は長年にわたって、難問を抱えた依頼人たちや、もっと物騒な動機を携えた来客が、時間を問わずに押しかけてくるのに耐えなくてはならなかった。
 
ホームズはその有名な女嫌いの性癖とは別に、女性に対する態度は誠実で紳士的であったのであり、ハドスン夫人もこの迷惑きわまる下宿人を尊敬し、好きでもあった。『[[空き家の冒険]]』で、狙撃の危険もかえりみず、ホームズに似せた蝋人形を動かす仕事を受け持つなど、時にはホームズのために重要な役割を果たしている。また、『[[瀕死の探偵]]』ではホームズの病状をワトソンに伝えている(そう仕向ける事がホームズの狙いだったのだが)。
 
ハドスン夫人の料理の腕前は、ホームズによれば「[[バラエティ]]にはやや欠けるが、朝食に関しては[[スコットランド]]人はだし」(『[[海軍条約文書事件]]』)だった。
 
== パスティーシュ作品におけるハドスン夫人 ==
女性登場人物としては、[[アイリーン・アドラー]]と並んで、シャーロキアンに重要視されるハドスン夫人だが、ホームズとのかかわり以外では、その来歴や私生活は、原作では多くを語られていない。その点がまた、シャーロキアンの想像をたくましくさせても来た。
 
もっとも大胆な推理は、ハドスン夫人は実はホームズの恋人であって、その本名はアイリーン・アドラーだった、とするものである。これは上述『ボヘミア醜聞』で下宿の女主人がハドスン夫人ではなくターナー夫人であるという謎を合理的に解決する仮説である。
 
日伊合作のテレビアニメ『[[名探偵ホームズ]]』では、最初期の[[航空機]]パイロットであった夫を事故で失った、若き未亡人として描かれた。ワトスンを助手席にしたがえて自動車で疾走し、ハンドルを操りつつ[[リボルバー]](オートマチックは[[ジョン・ブローニング]]以後である)で航空機を狙撃する、おそらくはもっとも活動的なハドスン夫人が描かれた作品でもある(他に、航空機のレースに出場し、自ら操縦するというエピソードも有った)。また、かの[[ジェームズ・モリアーティ|モリアーティ]]教授に人質に取られながら、ホームズに対するのと同様の献身的奉仕をほどこして、教授といくばくかの心の交流を結ぶなどしている。同作品ではファーストネームも“マリー”と設定されている。
匿名利用者