「漢字」の版間の差分

編集の要約なし
'''漢字'''(かんじ)は、古代[[中国]]に発祥を持つ[[文字]]で、[[中国語]]を表記するための伝統的な文字、あるいは中国から[[日本]]へ輸入され、またはそれに類する形態・機能を持つ[[日本語]]の表記に使われる文字を指す。従来、[[表意文字]](ideogram)に分類されてきたが、実際には漢字の95%近くが[[形声文字]]であり、意味だけを表すとは言い難く、最近では1[[音節]]1[[形態素]]の構造を持つ中国語の[[単語]]を表すとする[[表語文字]](logogram)に分類すべきとされる。1音節を表す文字という点から見れば[[音節文字]]である日本語の[[仮名]]とも近い関係にある。また同様に中国から輸入して各個発展した日本以外の周辺国([[漢字文化圏]])の文字も含む。日本や中国以外の漢字圏諸国(朝鮮や19世紀までのベトナムなど)で独自に発明された'''漢字体の文字'''を[[国字]]と呼ぶ(日本における国字は、和字・倭字・皇朝造字・和製漢字などとも呼ばれる)。日本語における'''漢字'''は、[[文部省]]の[[国語国字問題|漢字制限]]([[当用漢字]]、[[常用漢字]]、[[教育漢字]])を受けているものの、[[表音文字]]である“かな”([[平仮名]]、[[片仮名]])と並んで主要な文字となっている。
 
漢字は従来、[[表意文字]](ideogram)に分類されてきたが、実際には漢字の95%近くが[[形声文字]]であり、意味だけを表すとは言い難く、最近では1[[音節]]1[[形態素]]の構造を持つ中国語の[[単語]]を表すとする[[表語文字]](logogram)に分類すべきとされる。1音節を表す文字という点から見れば[[音節文字]]である日本語の[[仮名]]とも近い関係にある。
 
漢字は、中国・[[台湾]]・[[大韓民国|韓国]]・[[シンガポール]]などで、文字表記のための手段として用いられている。しかし近年の各国政府の政策で、漢字を簡略化したり使用の制限などを行なったりしたため、現在では、完全に文字体系を共有しているわけではない。また字形なども違っている。
匿名利用者