「グラム染色」の版間の差分

編集の要約なし
m
| colspan=2 align="center" | '''グラム染色'''
|}
'''グラム染色'''(グラムせんしょく、Gram[[英語|英]]:Gram staining)とは、主として[[細菌]]類を[[色素]]によって[[染色 (生物学)|染色]]する方法の一つで、細菌を分類する基準の一つ。[[デンマーク]]の学者[[ハンス・グラム]]によって発明された。
 
グラム染色によって細菌類は大きく2種類に大別される。染色によって紫色に染まるものを'''[[グラム陽性]]'''、紫色に染まらず赤く見えるものを'''[[グラム陰性]]'''という。この染色性の違いは[[細胞壁]]の構造の違いによる。グラム陽性は[[ペプチドグリカン|ペプチドグリカン層]]が厚く[[脂質]]が少ない細胞壁を持ち、グラム陰性はペプチドグリカン層が薄く脂質が多い細胞壁を持つ。そしてこの細胞壁の構造の違いは、この両者が生物学的に大きく違うことを反映しており、グラム染色は細菌を分類する上で重要な手法になっている。
 
グラム陰性の細菌は、その外膜が[[莢膜]]や粘液層で覆われた構造となっているものが多く、例外はあるものの、一般的な傾向としては相対的に病原性が高い。このような構造は細菌細胞の抗原を隠しカモフラージュするように働く。人間の免疫系は異物を抗原により認識するから、抗原が隠されると、侵入してきたものを人体が探知するのが難しくなる。莢膜の存在はしばしば病原菌の毒性を高める。さらに、グラム陰性菌は外膜にリポ多糖類である[[内毒素]]を持っているが、これが炎症を悪化させ、ひどい場合には敗血症性ショックを引き起こすこともある。グラム陽性菌は一般的には相対的にそれほど危険ではない。これは人体がペプチドグリカンを持たず、却ってグラム陽性菌のペプチドグリカン層にダメージを与える酵素を作る能力を持っているからである。また、グラム陽性菌は[[ペニシリン]]などの[[Β-ラクタム系抗生物質|β-ラクタム系抗生物質]]に対する感受性が高いことが多い。なお、こういった傾向に対する例外としては[[結核菌]]や[[ノカルジア菌]]などの[[放線菌]]・[[糸状菌]]などが知られている。