「千葉自胤」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''千葉 自胤'''('''ちば よりたね'''、[[文安]]3年([[1446年]]) - [[明応]]2年([[1493年]]))は[[室町時代]]中期の[[武将]]。[[室町幕府|幕府]]より認められた[[千葉氏]]当主。父は千葉氏嫡流の[[千葉胤賢]]。兄に[[千葉実胤|実胤]]。通称は二郎。[[養子]]に実胤の子とされる[[千葉守胤]]([[千葉盛胤|盛胤]])。
==生涯==
 
[[享徳]]3年[[12月27日 (旧暦)|12月27日]]([[1455年]][[1月15日]])[[鎌倉公方]][[足利成氏]]が[[関東管領]][[上杉憲忠]]を謀殺したことから[[享徳の乱]]が起こり、重臣でもある[[原胤房]]に[[亥鼻#亥鼻(千葉)城について|千葉城]]を急襲され、千田庄(現在の[[多古町]])に逃れ援軍を待った千葉氏一族は、頼みの[[上杉氏]]の援軍が得られず籠った多古城と志摩城の落城により自刃して果てた。しかし兄実胤と自胤は父胤賢に連れられ志摩城を脱出、父も[[康正]]元年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]](1455年[[10月17日]])[[坂田城#支城|小堤城]](現在の[[横芝光町]]小堤)で自刃して果てたが、自胤らは八幡庄市河城(現在の[[市川市]]市川)へと逃れた。そして[[征夷大将軍|将軍]][[足利義政]]が派遣した[[東常縁]]の支援を得たが、[[古河公方]][[足利成氏]]の派遣した[[簗田持助 (室町時代)|簗田持助]]に敗れ、康正2年([[1456年]])正月19日に市河城も陥落、自胤らはさらに[[武蔵国]]へと逃れた。
 
東常縁は、[[東庄町|東庄]]の近い[[下総国|下総]][[匝瑳郡]]へ逃れ体制を立て直し、2月7日に匝瑳郡の惣社[[老尾神社]]で戦勝祈願をした後[[馬加城]](現在の千葉市[[花見川区]]幕張町)を攻め落として、6月12日に[[馬加康胤]]の子[[馬加胤持|胤持]]を、11月1日には、[[上総国]]八幡(現在の[[市原市]]八幡)の[[村田川]]にまで逃れた馬加康胤を討ち取り、[[馬加氏]]を滅ぼした。
11,486

回編集