「越中公方」の版間の差分

義材は奉行人を指揮して御判御教書、御内書、奉行人奉書を発給した。
== 経済基盤 ==
放生津周辺に集中していた幕府直臣団料所・[[石清水八幡宮]]料所などを独自の経済基盤が、義材の京都復帰運動を支えたとみられている。神保氏も同時に越中国内の寺社領・公家領、諸大名・幕府直臣領押領を進めた。
 
== 活動の終了 ==
[[1499年]]、義尹(義材より改名)が越前に動座したことにより越中での活動を終えた。
匿名利用者