「グロープラグ」の版間の差分

編集の要約なし
昭和後期まで[[漁船]]のエンジンとして利用された焼玉エンジンは、この点火栓を備えており、厳しい環境下でも信頼性の高いエンジンとして利用された。現在では、軽量化できることから模型用エンジンのほとんどがこの点火方法(グロー点火)を利用している。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:エンジン|くろふらく]]}}
[[Category:エンジン]]
[[Category:圧縮点火内燃機関]]
 
[[da:Gløderør]]