「チョリソ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連項目: +Commonscat)
 
現在[[日本]]で入手できるチョリソの多くは強い辛みを持つが、スペインのチョリソは辛みが少ない。これは、チョリソがメキシコに伝わってから[[唐辛子]]系の調味料が多く使われるようになり、日本にはメキシコの料理として紹介されたためである。このため日本では「チョリソとは辛いソーセージである」という認識を持つ人が少なくないが、今でもスペインではこの辛くないチョリソが一般的である。
 
日本ではチョリソの商品名で市販されているソーセージも、単に辛く味付けした[[ウインナー・ソーセージ]]である事が多い。これはあくまで辛いウインナーであって、チョリソとは全く異なる。
 
チョリソは、そのまま焼いて食べたり、スライスして[[アルコール飲料|酒]]などの[[おつまみ]]にしたりすることも多いが、上記のように様々な料理の具材としても用いられる。具材として用いる際には、腸詰めの形をそのまま使うのではなく、細かく切ったり中身を取り出してほぐして使うこともしばしば行なわれる。[[レンズマメ]]や[[ヒヨコマメ]]などの[[豆|豆類]]と一緒に煮込んで[[スープ]]にしてもおいしい。
 
スペインでは[[イベリコ種の黒]]で作ったチョリソが本物であり高級品であるとされている。
 
== 関連項目 ==
*[[メキシコ料理]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:食肉加工品|りそ]]}}
[[Category:スペインの文化|ちよりそ肉加工品]]
[[Category:中南米スペインの食文化|ちよりそ]]
[[Category:中南米の食文化]]
 
[[de:Chorizo]]
33,818

回編集