「松宮孝明」の版間の差分

[[滋賀県立虎姫高等学校]]を経て、1980年[[京都大学]]法学部卒業。1985年同博士課程修了。[[南山大学]]法学部専任講師、[[立命館大学]]法学部助教授を経て、1995年立命館大学法学部教授。
 
過失犯論から研究を始め、著作として、『刑事過失論の研究』(1989年、補正版2004年)、『過失犯論の現代的課題』(2004年)がある。[[中山研一]]、[[浅田和茂]]と共著の『レヴィジオン刑法1 共犯論』(1997年)は共犯論の必読の書。ほかに論文集として『刑事立法と犯罪体系』(2003年)がある。学説は、初期には佐伯説及び中山説の影響が強かったが、最近はヤコブス([[:de:G%C3%BCnther_Jakobs]])説の影響も受けており、規範的観点を重視した独自の展開を見せていることが注目される。弟子も多く、影響力の大きな刑法学者である。
 
==著書==
匿名利用者