「ヴィットリオ・グイ」の版間の差分

編集の要約なし
m (+interlang)
'''ヴィットリオ・グイ'''('''Vittorio Gui''', [[1885年]][[9月14日]] - [[1975年]][[10月17日]])は、[[イタリア]]の[[指揮者]]。
 
[[ローマ]]生まれ。[[ローマ大学]]で文学を学んだ後、[[1906年]]に[[聖チェチーリア音楽院]]で作曲のディプロマを取得し、その翌年にローマの[[アドリアーノ劇場]]で[[アミルカレ・ポンキエッリ|ポンキエッリ]]の《ラ・[[ジョコンダ]]》を演奏してデビューを飾りった。[[1912年]]、[[ナポリ]]の[[サン・カルロ劇場]]の首席指揮者になり、イタリア各地の歌劇場に客演していた。[[1928年]]に創設されたばかりの[[フィレンツェ市立管弦楽団(現[[フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団]]の音楽監督を任された。[[1933年]]には、このオーケストラのコンサートを[[フィレンツェ五月音楽祭]]へと発展させた。戦後、[[フィレンツェ]]を本拠地として活発な活動を展開していたが、[[1952年]]から[[1964年]]まで[[グラインドボーン音楽祭]]の音楽監督と芸術顧問に就任した。死ぬ直前まで指揮活動が衰えることはなかったが、フィレンツェで死去した。
 
{{DEFAULTSORT:くい ういつとりお}}
匿名利用者