「広大院」の版間の差分

 
== 生涯 ==
茂姫は[[安永]]2年([[1773年]])[[6月18日 (旧暦)|6月18日]]に[[江戸]][[三田 (港区)|芝三田]]の薩摩藩上屋敷で誕生した。最初の名は「'''篤姫'''」「'''於篤'''」といった。茂姫は誕生後、国許の薩摩に移され養育されていたが、[[徳川治済|一橋治済]]の息子・豊千代(後の徳川家斉)と3歳のときに婚約<ref>[[明和]]6年([[1769年]])に一橋家出身の重豪正室・保姫、[[安永]]元年([[1772年]])に浄岸院が死去し、将軍家・一橋家との縁が薄れることで再びお手伝い普請など財政の負担が増えることを恐れた島津家側からの働きによるという。当時の一橋家の家老は[[田沼意次]]の弟・[[田沼意誠]]で、一橋家を通じて幕閣に働きかけるのが主目的であったとされる。 参考文献『近世国家の支配構造』([[雄山閣]])ISBN 4639005814「松平定信の入閣を巡る一橋治斉と御三家の提携」高澤憲治</ref>し、薩摩から江戸に呼び戻された。その婚約の際に名を篤姫から茂姫に名を改めた。茂姫は婚約に伴い芝三田の薩摩藩上屋敷から江戸城内の一橋邸に移り住み、茂姫は「御縁女様」と称され婚約者の豊千代と共に養育されていたが、10代将軍・[[徳川家治]]の嫡男[[徳川家基]]の急逝で豊千代が次期将軍と定められた際、この婚約が問題となった。将軍家の正室は[[五摂家]]か[[宮家]]の姫というのが慣例で、大名の娘、しかも[[外様大名]]の姫というのは全く前例がなかったからである。このとき、この婚約は重豪の義理の祖母に当たる[[浄岸院]]の遺言であると重豪は主張した。浄岸院は[[徳川綱吉]]・[[徳川吉宗|吉宗]]養女であったため幕府側もこの主張を無視できず、このためこの婚儀は予定通り執り行われることとなった(茂姫と家斉の婚儀は婚約から13年後の[[寛政]]元年([[1789年]]2月4日である。婚約期間は13年と長かった)。茂姫は天明元年([[1781年]])10月頃に、豊千代とその生母・[[お富の方|於富]]と共に一橋邸から江戸城西の丸に入る。また将軍家の正室は[[公家]]や[[宮家]]の娘を迎える事が慣例であるため、茂姫は家斉が将軍に就任する直前の[[天明]]7年([[1787年]])[[11月15日 (旧暦)|11月15日]]に島津家と縁続きであった[[近衛家]]及び[[近衛経熙]]の養女となるために名を茂姫から'''寧姫'''と名を改め、経熙の娘として家斉に嫁ぐ際、名を再び改めて「'''近衛寔子'''(このえただこ)」として結婚することとなったのである。また、父・重豪の正室・[[保姫]]は夫・家斉の父・治済の妹であり、茂姫と家斉は義理の甥と姪という関係であった。
 
この結婚により、島津重豪は前代未聞の「将軍の舅である外様大名」となり、後に「高輪下馬将軍」といわれる権勢の基となった。一方、実母である市田氏はその権勢により弟の[[市田盛常]]を薩摩藩一所持格(本来島津一族でないとなれない地位)に取り立て、同じ重豪側室で[[島津斉宣]]の母である[[公家]]の娘・堤氏(お千万の方)を[[江戸]]から[[鹿児島]]に追いだし、自らは重豪の正室同様に振る舞ったのである。このような市田一族による薩摩藩政の私物化は後の[[近思録崩れ]]の原因の一つとなった。
匿名利用者