「近隣住区」の版間の差分

m
→‎影響:  lk
(cl, +文献)
m (→‎影響:  lk)
 
== 影響 ==
この理念に基づく開発は、1929年以降、ニュージャージー州のラドバーン(Radburn)で行われた。ラドバーンでは徹底的な歩車分離が図られ、通過交通の流入を排除するため、住区内の道路を[[クルドサック]](袋小路)とし、住民は緑道を通って学校や商店に行くことができる('''ラドバーンシステム''')。[http://en.wikipedia.org/wiki/Radburn%2C_New_Jersey]
 
また、近隣住区の構想は、アメリカの郊外住宅地開発のみならず、イギリスのニュータウン建設や大都市再開発、日本の都市計画理論や実際のニュータウン建設にも大きな影響を与えた。