「ATPアーゼ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: zh:ATP酶)
m
全てがイオン濃度勾配を用いてATP合成および逆反応のATP加水分解に伴うイオン濃度勾配の形成が可能である。しかしながら、ATP合成酵素として用いられているのはF型およびA型のみである。
 
*F型ATPアーゼ – [[真核生物]]、[[真正細菌]]、ある種の古細菌のATP合成酵素
*A型ATPアーゼ – [[古細菌]]のATP合成酵素
*V型ATPアーゼ – [[液胞]]の[[プロトン]]能動輸送に関係
AAA とは '''A'''TPases '''A'''ssociated with diverse cellular '''A'''ctivities の略称である。タンパク質の[[細胞内小器官]]への輸送([[プロテインキネシス]])、膜融合、[[細胞内小器官]]の形成、[[DNA複製]]、[[転写 (生物学)|転写]]調節など機能は多様だが、全てがリング状[[オリゴマー]]構造を取っている。ATPの加水分解エネルギーはタンパク質のアンフォールディング(3次構造をほどく)やタンパク質分解、[[オリゴマー]]の拡大などに使用されていると考えられている。
 
[[真核細胞]]のみならず、[[細菌]]([[大腸菌]])からも見つかっているが唯一[[古細菌]]から見つかっていない
 
*AAAプロテアーゼ – [[生体膜]]の管理など
4,838

回編集