「国分重胤」の版間の差分

旧暦換算・+Cat
(鎌倉時代に陸奥国宮城郡にいたとされる武士。実在しない可能性がある)
 
(旧暦換算・+Cat)
'''国分 重胤'''(こくぶん しげたね、[[弘長]]2年([[1262年]])? - [[元徳]]2年[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[13301331年]])12[[1412]]))は、日本の[[鎌倉時代]]に[[陸奥国]][[宮城郡]]にいたとされる武士である。[[国分氏 (陸奥国)|国分氏]]第5世の当主とされるが、実在しない可能性がある。
 
[[国分氏 (陸奥国)|国分氏]]は[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]から[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]末まで宮城郡南部を領した一族である。後世の系図によれば、鎌倉時代には国分荘を領したとされる。重胤の名は、江戸時代に[[佐久間義和]]が編纂した「平姓国分氏系図」にのみ現れる<ref>1950年刊『仙台市史』第3巻別編1の232-246頁に主要部の引用がある。以下、佐久間編の系図については同書による。</ref>。父は[[国分胤光]]、母は[[留守家広]]の女。弟に信光、胤次がおり、妹が2人いてそれぞれ[[葛西清房]]と郷六忠政の妻になった。[[相馬定胤]]の女を妻とし、息子に[[国分盛胤]]、政継、重朝、重行の4人がおり、娘は4人いてそれぞれ二階堂顕親、長江景資、蜂屋正衡、武石高広の妻になった。
[[Category:国分氏 (陸奥国)|しけたね]]
[[Category:鎌倉時代の武士]]
[[Category:1262年生]]
[[Category:1331年没]]