「示現流」の版間の差分

編集の要約なし
本来は薩摩藩及び分家の[[佐土原藩]]以外の者に伝授することを厳しく禁じられていた御留流である。薩摩藩内では江戸後期に[[島津斉興]]より'''御流儀'''と称された。
 
ただし、近隣諸藩にもジゲン流を称する流派があり、藩を致仕した元門人により近隣諸藩にも伝わっていたようである。もっとも、系譜が明確なものは少なく、それらのジゲン流を称する流儀が本当に示現流と関連があったのかどうかは、[[熊本藩]]に伝わっていた[[寺見流]]を除いて以外は多くが失伝しているために不明である。興味深いのは関東の[[笠間藩]]に伝わった流れで、佐土原藩経由で[[延岡藩]]に伝わり、延岡藩主だった牧野家が常陸の笠間に転封になった事から、笠間まで伝わったようである。
 
==歴史==
匿名利用者