「トゥイストー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (綴りトル、linkがあるため。)
m
 
他の推測は、トゥイストー(''Tuisto'')を「対立・争い・境界」を意味する他のさまざまな[[ゲルマン語派]]の単語に関連づけている。それは例えば、[[ドイツ語]]の「''zwist''」、[[スウェーデン語]]の「''tvista''」、[[オランダ語]]の「''twisten''」などである。これらはまた、「''tvi-''」という語根から生じた単語である。
そして、[[ローマ神話]]における神[[マルス (ローマ神話)|マルス]](''Mars'')の重要度、およびマルスが[[ローマ]]建設に関わったことを、トゥイストーのそれと比較する。
ローマとその民族の父としてあげられるのは、マルスと彼の息子[[ロムルス]](''Romulus'')<!--もう1人が英語版になくそのまま-->であり、主神の[[ユピテル]](''Jupiter'')でない。
この比較に基づけば、「トゥイストー」は、[[北欧神話]]に登場する神[[テュール]](''Tyr'')の古い時代の名前であり得る。