「ハドスン夫人」の版間の差分

編集の要約なし
フルネームは不明だが、一部の[[シャーロキアン]]によって『[[最後の挨拶]]』で重要な役割を果たす家政婦のマーサは彼女と同一人物だと信じられており、「マーサ・ハドスン」と呼ばれることもある。また、『[[ボヘミアの醜聞]]』では、下宿の女主人はなぜか、「ターナー夫人」と呼ばれており、多くのシャーロキアンを長年悩ませる難問ともなっている。
 
全60編のホームズものの・シリーズ中で、彼女自身が事件の当事者となったことはない。しかし彼女は自宅の2階に住まう、偉大だが風変わりで、「夕食はいつにしましょう?」と聞けば、「あさっての7時半だ」と答える(『[[マザリンの宝石]]』)ような下宿人根気強く献身的に奉仕世話、ま。彼女は長年にわたって、難問を抱えた依頼人たちや、もっと物騒な動機を携えた来客が時間を問わずに押しかけてくるのに耐えなくてはならなかった。
 
ホームズはその有名な女嫌いの性癖とは別に、女性に対する態度は誠実で紳士的であったのであり、ハドスン夫人もこの迷惑きわまる下宿人を尊敬し、好きでもあっ感を抱いていた。『[[空き家の冒険]]』で、狙撃の危険もかえりみず、ホームズに似せた蝋人形を動かす仕事を受け持つなど、時にはホームズのために重要な役割を果たしている。また、『[[瀕死の探偵]]』ではホームズの病状をワトソンに伝えている(そう仕向ける事がホームズの狙いだったのだが)。
 
ハドスン夫人の料理の腕前は、ホームズによれば「[[バラエティ]]にはやや欠けるが、朝食に関しては[[スコットランド]]人はだし」(『[[海軍条約文書事件]]』)だった。
匿名利用者