「復興号」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
== 運行情況 ==
[[2006年]]初、機関車に牽引される復興号車輌は150輌運行されている。
* [[1981年]]製造された40SP20000型が90輌、40SPK20000型及び40SPK21000型が各15輌となる。
* 40SPK2000型25輌と40SPK2100型5輌が改造され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* 35SPK2200型と35SPK2150型の上部に空調装置が増設され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* 旧[[通勤電車 (台湾)|通勤電聯車]]と台鉄支線で使用されていたDR1000(DRC) (現[[区間車]])にも復興号運賃体系を適用。
* 2006年現在復興号の運賃を1.46元[[ニュー台湾ドル|NTD]]/km、[[台北駅]]-[[高雄駅]]運賃は544元。
* 復興号は停車駅が多いため台北-高雄の所要時間は6時間40分。
 
== 特色 ==
== 諸元 ==
[[台湾鉄路管理局]]の復興号は支線で運行されるDR1000及び通勤電聯車 (区間車)を除き下記を保有する。なお、これらの客車は[[区間車|区間快車]]にも使用されている。
* 40SP20000型:90輌
* 40SPK20000型:15輌
* 40SPK21000型:15輌
* 40SPK2000型:5輌
* 40SPK2100型:15輌
 
== 40SP20000型車輌 ==
* 名称:復興号
* 車種:二等車
* 註記:復興車号
* 型式:40SP20000(40は車両の重量を指す、Sは二等車両、Pは型式、20000は通し番号である)
* 車籍:40SP20001-40SP20090
* 台数:90輌
* 重量:35.1t
: 車輌重量:35t、満載時重量:40t
* 座席:60
* サイズ:20m,2.9m,3.8m
* 最高速度:110km/h
 
== 備考 ==
 
== 関係項目 ==
* [[自強号]]
* [[キョ光号|{{lang|zh|莒}}光号]]
* [[冷気柴客|冷気平快車]]
* [[キョ興号|{{lang|zh|莒}}興号]]
* [[通勤電車 (台湾)]]
* [[区間車]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:台湾の列車|ふくこう]]}}
{{Rail-stub}}
 
[[Category:台湾の列車]]
[[Category:台湾鉄路管理局|列ふくこう]]
[[Category:列車種別]]
 
[[zh:復興號]]
33,236

回編集