「お由羅の方」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 人物 ==
出身については[[江戸]]の[[大工]]・工藤左衛門の娘と言われているが、[[江戸]]・[[三田]]の[[八百屋]]の娘、その他に[[舟宿]]の娘など多数の説がある。薩摩藩邸で奉公していた際、斉興に見初められてその側室となる。藩邸には正室・[[島津周子|弥姫]]が居るため、由羅は薩摩に置かれたが、斉興の由羅に対する寵愛は絶大で、参勤交代の度に江戸と薩摩に由羅を連れて行く程、ほど斉興の寵愛は深かった。
 
その後、由羅は[[島津久光|久光]]、唯七郎(夭折)、智姫(夭折)の3子を生む。斉興の正室・[[島津周子|弥姫]]が死去すると、由羅は「'''御国御前'''」と呼ばれて正室同様の待遇を受けた。その後、息子・久光の藩主就任を謀り、長兄・[[島津斉彬|斉彬]]廃嫡を目した事から'''[[お由羅騒動]]'''と呼ばれる[[お家騒動]]('''高崎崩れ'''ともいう)を巻き起こしたとされる。しかし騒動の鎮圧後に何故か罰を受けることはなく、斉彬急死後に孫・[[島津忠義|忠義]]が藩主に就任したところも見届け、慶応2年(1866年)、鹿児島城下で死去。墓所は[[福昌寺 (鹿児島市)|福昌寺跡]]にある。
匿名利用者