「昴 (谷村新司の曲)」の版間の差分

*谷村は[[アリス (フォークグループ)|アリス]]の人気が絶頂だった頃の1980年に、[[バンド (音楽)|グループ]]と並立して始めた[[ソロ (音楽)|ソロ]]活動の一環として制作した。 [[フジテレビジョン|フジテレビ]]系の[[テレビ番組]]「[[メントレG]]」で語ったものによると、この[[歌詞]]は引っ越しのため、引っ越し会社の社員と一緒に荷作りをしていた谷村がダンボール箱に思い付いたことを書いて出来たものだそうである。
*ソロとして自身最高の60万枚の[[ヒット曲]]であるため、谷村の代表曲と呼ばれることが多い。
*谷村は[[1987年]]([[第38回NHK紅白歌合戦]]]に発表から7年経った同曲を引っさげて初出場。アリスとして[[日本放送協会|NHK]]の番組オーディションに応募したが落選した経験があることから、[[NHK紅白歌合戦|紅白]]出演を辞退し続けてきたが、[[視聴率]]が下降傾向であった紅白の切り札として当時[[ニューミュージック]]界の先端として活躍していた谷村に白羽の矢が立ったようである。そのため、初出場ではあるが、トリから2番目の位置で歌唱した。以後紅白の常連となっている。また、現在「昴」は紅白で5回も披露されている。([[1991年]]の[[第42回NHK紅白歌合戦|第42回]]は大トリで歌唱)
*[[2005年]]([[第56回NHK紅白歌合戦|第56回]]]の出場者選考アンケート「[[スキウタ]]」にもランクインした。
*[[1980年代]]からアリスとしての[[中華人民共和国|中国]]公演でも多く披露していることもあり、現在の中国でも多くの人に認知されている。
*ジャンルは[[ポップ・ミュージック|ポップス]]ではあるが、曲のイメージにより(谷村の他楽曲もだが)、[[コンパクトディスク|CD]]が[[演歌]]の棚に置かれていることも多い。
*[[ニッカウヰスキー]]「スーパーニッカ」の[[コマーシャルソング|CMソング]]として使用された。
*様々な[[歌手]]に[[カバー]]されており、[[美空ひばり]]も生前に歌ったことがある。
匿名利用者