「名古屋鉄道」の版間の差分

そこで中部国際空港の開業を機に、一部の例外を除いて各種別の停車駅を明確化(固定)するため、大幅に種別を増加した。またこれに伴い、各駅の時刻表(駅配布版を含む)の表記方法も一新した。色分けは[[#路線|上記]]を参照のこと。
* '''[[快速特急]]''':停車駅を最小限に抑え、[[名鉄名古屋駅]]・[[中部国際空港]]駅への最速達列車。名古屋本線・常滑線以外は特急と同じ停車駅。新安城・国府通過の特急と、神宮前~中部国際空港のノンストップ特急(ミュースカイ)がこれに当たる。特急との所要時分の差は本線系統で3分、常滑線・空港線系統で8分となっている。
* '''[[特別急行列車|特急]]''':沿線[[市]]([[町]])の中でも特に利用が多い駅や、沿線を代表する駅に停車駅を絞った列車。名古屋本線では新安城と国府にも停車し、常滑線では太田川や常滑などに停車する
** 快速特急・特急には'''特別車'''と'''一般車'''とがある。これらの詳細は「[[名鉄特急]]」のページを参照。
* '''[[快速急行]]''':沿線市町の代表駅、または利用者が多い駅などに停車する列車。大里・栄生・大江通過の急行がこれに当たる。使用車種にもよるが、急行と比べて必ずしも最高速度や所要時分が大幅に優るわけではない。
匿名利用者