「細川清氏」の版間の差分

編集の要約なし
'''細川 清氏'''(ほそかわ きようじ、? - [[貞治]]元年 / [[正平 (日本)|正平]]17年[[7月24日 (旧暦)|7月24日]]([[1362年]][[8月14日]]))は[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の武将で、[[室町幕府]]の執事である。父は[[細川和氏]]。兄弟に[[細川頼和]]、[[細川将氏]]、[[細川家氏]]。子は[[細川正氏]]。名は元氏で、後に清氏と名乗る。左近将監。伊予守、相模守。
 
== 伝記 ==
坂出市には、清氏はじめ被官36名が埋葬された「三十六」や、「細川将軍戦跡碑」などがある。
 
== 関連項目 ==
*[[南北朝時代 (日本)の人物一覧]]
*[[細川氏]]
{{先代次代|[[細川氏|細川氏 (和氏流)]]|細川清氏|[[細川和氏]]|[[細川正氏]](没落)}}
 
{{DEFAULTSORT:ほそかわきようし}}
[[Category:細川氏|きようし]]
[[Category:南北朝時代の人物 (日本)|ほそかわ きようし]]
[[Category:1362年没|ほそかわ きようし]]
57,903

回編集