「松平信興」の版間の差分

+武士テンプレート、先代次代等
(幕末を高崎藩で迎えた。)
(+武士テンプレート、先代次代等)
{{武士/開始|松平信興}}
'''松平 信興'''(まつだいら のぶおき、[[寛永]]7年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1630年]][[9月17日]]) - [[元禄]]4年[[8月12日 (旧暦)|閏8月12日]]([[1691年]][[10月3日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]([[常陸国]][[土浦藩]]など)、[[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]。[[高崎藩]]系大河内松平家初代。
{{武士/時代|[[江戸時代]]前期}}
{{武士/生誕|[[寛永]]7年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1630年]][[9月17日]])}}
{{武士/死没|[[元禄]]4年[[8月12日 (旧暦)|閏8月12日]]([[1691年]][[10月3日]])}}
{{武士/改名|治綱、基綱、信衡、興衡、信興}}
{{武士/別名|釆女(幼名)}}
{{武士/官位|従四位下、侍従、[[美濃国|美濃]]守、[[因幡国|因幡]]守}}
{{武士/幕府|[[江戸幕府]][[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]}}
{{武士/藩|[[常陸国]][[土浦藩]]主→摂津・河内国内}}
{{武士/氏族|[[大河内氏|大河内松平家]]}}
{{武士/父母|父:[[松平信綱]]、母:[[井上正就]]の長女}}
{{武士/兄弟|[[松平輝綱]]、[[松平吉綱]]、[[松平信定 (大河内松平家)|松平信定]]<br />'''松平信興'''、[[松平堅綱]]}}
{{武士/妻|正室:'''[[青山幸利]]の娘'''}}
{{武士/子|養子:''[[松平斐章]]''、''[[松平輝貞]]''}}
{{武士/終了}}
 
'''松平 信興'''(まつだいら のぶおき、[[寛永]]7年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1630年]][[9月17日]] - [[元禄]]4年[[8月12日 (旧暦)|閏8月12日]]([[1691年]][[10月3日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]([[常陸国]][[土浦藩]]など)、[[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]。[[高崎藩]]系大河内松平家初代。
大河内[[松平信綱]]の五男、母は[[井上正就]]の長女。幼名・釆女。はじめ治綱、基綱、信衡、興衡などと名乗った。従四位下、侍従。はじめ[[美濃国|美濃]]守、後に[[因幡国|因幡]]守と改める。正室は[[青山幸利]]の娘。養子に[[松平斐章]]、[[松平輝貞]]。
 
大河内[[松平信綱]]の五男、母は[[井上正就]]の長女。幼名・女。はじめ治綱、基綱、信衡、興衡などと名乗った。従四位下、侍従。はじめ[[美濃国|美濃]]守、後に[[因幡国|因幡]]守と改める。正室は[[青山幸利]]の娘。養子に[[松平斐章]]、[[松平輝貞]]。
 
[[徳川家綱]]の側近として中奥[[小姓]]、小姓組番頭、御側などを務めたほか、若年寄、大坂城代、京都所司代などの要職も歴任した。長らく[[雑兵物語]]の作者に擬せられてきたが、実際の作者は不詳である。元禄4年(1691年)没、後を養子の輝貞が継いだ。
*元禄3年([[1690年]])12月26日、従四位下・侍従となり、京都所司代に転ずる。
 
{{先代次代|[[土浦藩|大河内松平氏(土浦藩)藩主]]|1682~16871682年 - 1687年|[[土屋政直]]|[[土屋政直]]}}
{{先代次代|[[摂津国]]・[[河内国]]内|1687~16911687年 - 1691年|-|[[松平輝貞]]}}
{{先代次代|[[大坂城代]]|第18代:1687年 - 1690年|[[内藤重頼]]|[[土岐頼殷]]}}
{{先代次代|[[京都所司代]]|第11代:1690年 - 1691年|[[内藤重頼]]|[[小笠原長重]]}}
 
[[Category{{DEFAULTSORT:江戸の大名|まつたいら のふおき]]}}
[[Category:譜代江戸の大名|まつたいらのふおき]]
[[Category:譜代大名]]
[[Category:松平氏|のふおき]]
[[Category:大河内氏|のふおき]]
[[Category:1630年生|まつたいらのふおき]]
[[Category:1691年没|まつたいらのふおき]]