「スレイベル」の版間の差分

|関連項目 =
|}}
'''そりの鈴'''(そりのすず)は、[[音楽]][[演奏]]に使う[[楽器]]のひとで、板。[[オーケストラ]]革ひもや棒に、直径1〜数cm[[吹奏楽]]編成金属の鈴を、数個〜数十個とりつけ、振って音を出すものである。いわゆる[[楽曲]](すず)であるがにおいてはすず、また鈴(れい)通例 「スレイベル」呼ばれる楽器、音具が多いため、区別してこのように呼ば書かれる。
 
== 概要 ==
*板や革ひもや棒に、直径1〜数cmの金属の鈴を、数個〜数十個とりつけ、振って音を出す。いわゆる[[鈴]](すず)であるが、すず、また鈴(れい)と呼ばれる楽器、音具が多いため、区別してこのように呼ばれる。
 
== この楽器が使われる楽曲の例 ==
*[[グスタフ・マーラー]] : [[交響曲第4番 (マーラー)|交響曲第4番]]
*[[エドワード・エルガー]] : [[威風堂々 (行進曲)|威風堂々]]第1番
*[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト]] : ドイツ舞曲6番
*[[ルロイ・アンダーソン]] : [[そりすべり]]
 
== 主なメーカー ==
*[[ヤマハ]]
*[[パール (楽器メーカー)|パール]]
*プレイウッド
 
この楽器が使われた[[楽曲]]では、[[グスタフ・マーラー]]の[[交響曲第4番 (マーラー)|交響曲第4番]]、[[エドワード・エルガー]]の[[威風堂々 (行進曲)|威風堂々]]第1番、[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト]]のドイツ舞曲6番、また[[ルロイ・アンダーソン]]の[[そりすべり]]が有名である。
 
{{Template:オーケストラの楽器}}
匿名利用者