「基板」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''基板'''(きばん)とは、[[電子部品]]を実装して配線を組み立てるために用いられる部品の一つ、基板上に銅箔が張られており、そこに部品を装着することにより 電気的に接続されることになる。コンピュータ関係では、部品を[[プリント基板]]上に配線したものの総称として基板と言うことがある表現して間違いはない。エレクトロニクス実装学会の定義で正式には[[プリント基板|プリント配線板]]と示されている。半導体基板に関しては[[ウェハー]]を参照のこと。
 
(基板を基盤と書いてしまう人も多くいるが、基盤ではない)
 
次のような種類がある。
;[[プリント基板]]
 
:フェノール樹脂(ベークライト)など絶縁物の板上に銅箔などで回路のパターンを作り、配線する方式。近年はFR-4と呼称されるガラス繊維とエポキシ樹脂を主剤とする絶縁物で構成されるものが主流である。業界内ではガラエポと呼ぶ。
母材の種類
 
:フェノール樹脂(ベークライト)など絶縁物の板上に銅箔などで回路のパターンを作り、配線する方式。近年はFR-4と呼称されるガラス繊維とエポキシ樹脂を主剤とする絶縁物で構成されるものが主流である。業界内ではガラエポと呼ぶ
従来はベークライトに配線をした ベークライト基板が主流であったが、長期利用するとそりやゆがみが発生するために、フェノールで固定したものや、FR-4と呼称されるガラス繊維をエポキシ樹脂で固めたもの など母材と固定材料による各種の基板の種類がある。 特にガラス繊維をエポキシで固定したものを ガラエポ基板と呼んだりもする。
 
基板の形態
 
;生基板
:絶縁は、母材の全面に銅箔を貼り付けたもの。プリ、エト基板の製作材料チングして市販されてる。[[高周波]]回路の試作う手法特性不要な部分良くするため生基板の上に直溶解し電気的な部品[[はんだ付け]]して配線することも行われる。
そのための無加工の基板を生基板という。
;ユニバーサル基板、ICピッチ基板、蛇の目基板
 
エンチングという手法を用いずとも利用できる基板に
以下のユニバーサル基板などがある。
 
;ユニバーサル基板、IC同義語(ICピッチ基板)(蛇の目基板
:絶縁板に、格子状に配列した円形の銅箔(ランド)がエッチングにより形成されており、それらの中央に部品のリード線を差し込む穴が開けられた基板。[[スズ]]めっき線などで配線することにより、使用者が自由に回路のパターンを決めることができる。穴の間隔は2.54mmのものが最も一般的。片面のタイプと両面のタイプがあり、両面の物はスルーホール処理されている。[[集積回路]]の形に合わせてあらかじめ引き出し線、電源ラインなどのパターンが付けられた品種もある。小規模の試作用に用いられる。
 
;ストリップボード
:ユニバーサル基板と似ているが、銅箔部分が短冊(ストリップ)状につながっているもの。主に欧米で使用される。
 
;穴あきベーク板
:格子状に小さな無数の穴が開けられた絶縁物の板。銅箔は付いておらず、部品のリード線などを用いて配線する。[[トランジスタ]]が普及し始めた頃の自作に広く用いられた。
 
;[[ブレッドボード]]
:試作実験用に用いられる、電子部品を差し込むだけで(はんだ付け不要)配線が可能な基板を指すこともあるが、プリント配線板で製品前の試作基板のことをいう場合もある。
匿名利用者