「骨法 (格闘技)」の版間の差分

編集の要約なし
その後、[[源義光]]([[源義家]]の弟)が衰退していた骨法を復興し、彼の子孫に[[一子相伝]]で継承され、現在に至るものとしている(堀辺家は[[源義光]]の末裔と称する)。骨法のうち、堀辺家伝のものは司家骨法と称したとする。
 
ただし、この伝承堀辺最初[[神道天心流]]の上野貴(当身技主体家伝の武術の名称を「」としていた)の上野家伝の武術の開祖を大伴古麻呂とする伝承とおり、[[大東流合気柔術]]の源義光の伝承佐川道場(堀辺は一時期、大東流の[[佐川幸義]]の弟子だった。尚、)から[[吉丸貞雄]]と一緒に独立<ref>[[高橋賢 (武道史研究家)|高橋賢]]『佐川幸義先生伝 大東流は技法が極め合気の真実』 福昌堂 2007年</ref>した後に「換骨拳」と改称し複雑であ事や[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html]ことから堀辺家伝の武術史的観点が当初から、非常に新し「骨法」と流派う名称である)を折衷し印象があるとは考えにくい<BR>
また、堀辺が主張する骨法の伝承も、[[神道天心流]]の[[上野貴]](当身技主体の武術を「骨法」と称していた)の上野家伝の武術の開祖を大伴古麻呂とする伝承と、堀辺は一時期学んだ[[大東流]]の源義光の伝承を折衷した印象がある。
 
堀辺によると、大伴古麻呂は「[[徹し]]」([[とおし]])とよばれる秘技を用いたという。これは中国拳法の浸透勁に似たものとされるが、古麻呂以後失伝しており、[[堀辺正史]]が現代に甦らせたという。
 
なお、[[藤原宗忠]]の日記である『[[中右記]]』に「相撲が強いと言われているが、もっと骨法を身に付けなければ・・・」との意味の文章で[[源義家]]の家臣[[大宅光房]]に対する批評を書いているが、これは「相撲が強いと言われているが、もっと基本を身に付けなければ・・・」という意味であるが、堀辺はこの記述を骨法という武術の存在を証明するものと主張している。
 
==骨法と称する他流派==
 
*その他
 
==注==
<references/>
 
==関連先==
匿名利用者