「副検事」の版間の差分

編集の要約なし
'''副検事'''(ふくけんじ)は、日本における[[検察官]]の身分の1つ。検事に準じて区検察庁での業務を担当する。検察庁法第18条第2項の規定により、「3年以上政令で定める二級官吏その他の公務員の職に在った者」(検察庁法施行令第2条)に該当する[[検察事務官]]や[[法務事務官]]又は[[法務教官]]、[[警部]]以上の階級の[[警察官]]、[[皇宮護衛官]]、[[海上保安官]]、[[3尉]]以上の[[警務官]]たる[[自衛官]]などを3年以上経験した者や[[司法試験]]の合格者に、[[検察官・公証人特別任用等審査会]]が実施する考試の受験資格が与えられ、同考試に合格した者を副検事二級に任命できる。なお、考試の受験者はほとんどが検察事務官、次いで[[裁判所書記官]]などの裁判所出身者であり、警察官、自衛官、[[海上保安官]]、[[皇宮護衛官]]などの受験者はわずかである。副検事は[[検察庁|区検察庁]]の職務のみ行うことができ、検事と同じく[[起訴]]などもできる。徽章は検事と同じ徽章をつけるが副検事の徽章は菊の葉の部分が銀色(検事は金色)になっている(検事は菊物と若干違う部分が金)
 
== 副検事の選考 ==
匿名利用者