「超特急」の版間の差分

 
====戦後の「超特急」と「スーパー」列車====
特急列車自体、戦時下の[[1944年]](昭和19年)に廃されて[[1949年]](昭和24年)に「[[東海道本線優等列車沿革|へいわ]]」の復活まで運行されることが無かった。しかし「へいわ」→「[[つばめ (列車)#太平洋戦争後の展開|つばめ]]」の成功や、[[1956年]](昭和31年)に[[東海道本線]]が全線[[電化]]されたことに伴い、特急列車の速達化を計る上で「超特急列車構想」が生まれ、「ビジネス特急」と設計時通称された「[[こだま_(列車)|こだま]]」用車両"20系電車"(称号改正により後に[[国鉄181系電車|151系→181系]]となる)がその構想に基づいて誕生したといわれている。結果的に同線を運行する特急・[[急行列車]]の大部分は[[電車]]化されることになるが、[[東海道新幹線]]開業に伴い、特急列車は新幹線列車に移行する形で廃されることになる。
 
なお、[[JR]]発足前後より運行される特急列車の中で新型車両の導入や速達列車には「スーパー」と列車名に冠される列車が運行されることがあるが、多くの場合設定時には停車駅の精選などが行われる事例が見受けられる。これは、[[1980年代]]前半のJR発足直前までに急行列車を統合し、[[優等列車]]が特急列車のみとなった関係で、格上の列車にこの名称を用いるざるを得なかったことが考えられるが、かつての「超特急」とは異なり、単なる車両の違いなどで使い分けられる場合もダイヤの設定上ままありえた。
匿名利用者