「98ローカルバス」の版間の差分

リンク追加
m (→‎関連項目: Category:)
(リンク追加)
'''98ローカルバス''' は、[[1993年]]に発売された、[[日本電気|NEC]]の[[PC-9821シリーズ|PC-9821A-Mate]]シリーズに搭載された32bit高速バスである。
 
[[Micro Channel Architecture|MCA]]同様、非常にクローズドな規格で、このバスに対応した製品を発売したのはNECを除けば、[[カノープス (企業)|Canopus]]社、Melco社(現[[バッファロー (企業)|buffalo]]社)の2社だけである。
 
もっとも、クローズドな規格であったのはNEC自身が製品寿命が短い事を前提として開発したバスであるからであろう。
 
良く、[[VESA ローカルバス|VLバス]]を移植しただけと言われるが、こちらはNESAのコネクタを使用し、[[クロック|クロック周波数]]にかかわらず2本までに制限されている関係から、電源や信号特性はVLバスと比較にならないほど良好である。
また、[[Pentium]]を搭載した、PC-9821 Af/Anにも搭載されている点も異なる。
 
*[[New Extend Standard Architecture|NESA]]のバス調停機能を簡略化、リソース自動設定機能を削除したサブセットで、ほぼ同一の信号線配列、同一のコネクタ、ボード形状を有するが、相互の互換性は無い。
*32bitのアドレス空間、データバス幅を有する。
*25Mhz25MHz、30MHz もしくは 33Mhz33MHzで駆動され、133Mbytes/secの理論最大転送帯域を有する。
*奥行き17cm、幅15cmの長方形で、部品実装面の厚さは2.5cm迄が許容されている。
*NESA同様、[[C-BUS]]スロットの間にコネクタを持ち、C-BUSボードとの互換性は全くないものの同一拡張スロットを使用することが可能な構造になっている。
 
==販売された製品==
[[グラフィックアクセラレータ]]([[ビデオカード|ビデオボード]])を除けば、[[ビデオキャプチャ]]ボード、[[PCM]]入力ボード、[[PC-9800シリーズ#高解像度(ハイレゾ)系|ハイレゾ互換]]ボードの3種類のみである。
 
==関連項目==
*[[Accelerated Graphics Port]] (AGP)
*[[Extended Industry Standard Architecture]] (EISA)
*[[Industry Standard Architecture]] (ISA)
*[[Micro Channel Architecture]] (MCA)
*[[VESA ローカルバス]] (VL バス)
*[[XT バス]]
 
{{comp-stub}}
[[Category:ハードウェア]]
4,636

回編集