「フレーム (自転車)」の版間の差分

;ホリゾンタルドロップアウト
:開口の向きが水平かそれに近い角度のエンドのことで、チェーンのテンション調整が可能である。テンション調整が必要な[[固定ギア]]や、 (外装変速機が無いため) テンショナーの無い[[シングルスピード]]等ではこちらが使われる。正爪と逆爪がある。
;正爪エンリア・トラプアウト・正爪エンド
:[[トラックレーサー]]に使われることからトラックエンド<!--和製英語!?-->とも呼ばれる。真後ろに開口しており、トラックレーサーに限らず[[BMX]]や、クイックリリースが不要であるいわゆるママチャリにも用いられる。構造上チェーンが外れないので後輪をクイックリリースにする意味がなく、車軸はナットで締める。
;逆爪エンド・ロフォワードドロップアウト・逆爪エンド
:[[ロードバイク|ロード車]]に使われたことからトラックエンドに対しロードエンド<!--和製英語!?-->とも呼ばれる。ゆるい角度で前方斜め下方に開口しており、後輪のクイックリリースにも対応する。ストレートドロップアウトを斜めに延ばしたものと見ることもできる。汎用性が高く、ホイールハブの[[オーバーロックナット寸法|OLD]]幅さえ合えば外装変速機にもシングルスピードや固定ギアにも対応できる。[[カンパニョーロ]]が製造しているためカンパニョーロタイプとも呼ばれる(クイックリリースナットが当たる面に「Campagnolo」の刻印がある)。
;ストレートドロップアウト・バーチカルドロップアウト
:ホリゾンタルドロップアウに対しバチカルドロップアウト<!--和製英語!?-->とも呼ばれる (俗に「ストドロ」と略す) 。開口部がほぼ下を向いており、チェーンのテンション調整ができないので固定ギヤは不可能であり、通常、外装変速機が必須である。ホイールの脱着がしやすいのでスポーツ自転車、特に[[輪行]]に供する車種でこのリアエンドを採用するものが多い。俗に「ストドロ」と略す
 
==== 台座 ====
匿名利用者