「E.M.U」の版間の差分

 
1995年に結成されCDリリースの他、ライブ、イベント、ラジオのパーソナリティ等多くの活動をし、2000年の作品終了と同時に解散した。
 
当時の女性声優ブームの中で、男性版アイドル声優ユニットとして人気を博した。その人気ぶりはライブコンサートのチケットが販売から10分でソールドアウトとなり、一般のニュースで取り上げられたことからも伺える。
 
 
大本の「[[卒業M]]」のキャラクター5人がバンドを組むという設定があった為、1stライブでは各キャラクターが担当する楽器で実際に演奏している。担当楽器は緑川がベース、置鮎・神奈(林)がギター、石川がドラム、阪口がキーボード。なお、バンド内ではキャラクターと同様に置鮎が名目上リーダーとなっていたが、実際はバンド経験のある神奈(林)がリードしていたようだ。
 
また、初期のライブでは5人がアイドルの様に振りつきで歌を披露していた。多忙な本職の声優活動の合間を縫って、ダンスレッスンに勤しんだらしい。
 
 
所属事務所が全員[[青二プロダクション]]という事もありメンバー同士も仲が良く、特に最年少の阪口はマスコット(おもちゃ?)としてメンバーに可愛がられた。<!--神奈だけ青二塾出身ではない-->
 
また、グループ内では緑川がボケ大王として活躍。ラジオやイベントでは、「[[卒業M]]」のキャラクターとは別に内輪ネタとして多くのキャラクターを考案し、各人がなりきって演じるミニコント(?)がファンの間で人気を博していた。
 
 
解散後も緑川・神奈(林)は「零・不死鳥」、置鮎・石川は他の仲のいい声優と「Tea-Cups」というユニットを組んだり、個人のイベントにゲストとして招かれたりしているようである。
 
4

回編集