「立ち食いそば・うどん店」の版間の差分

* [[新前橋駅]]にある「麦和楽」(むぎわら)のうどん・そばは、自社麺房の手打麺を使用している。
* [[民鉄|私鉄]]の場合、その[[鉄道事業者|鉄道会社]]の系列の店が出店する傾向が強い。[[小田急電鉄]]の「[[箱根そば]]」などが代表格である。無論、鉄道会社とは直接関係のない業者が出店する場合も多々ある。また、[[京浜急行電鉄]]の「えきめんや」は店の[[屋号]]が統一されているだけであり、実際は各駅様々な業者が運営している。このほかに、[[東京急行電鉄]]の「[[渋谷しぶそば]]」、[[京王電鉄]]の「[[高幡そば]]」、[[西武鉄道]]の「[[狭山そば]]」、[[東京地下鉄]](東京メトロ)の「ちかてつそば」(主に駅敷地内の地上で展開、運営はメトロフードサービス)、[[関東鉄道]]の関鉄プラザなどがある。<!--大手町や錦糸町では地下にあるので-->
* [[東武鉄道伊勢崎線]]内4駅([[西新井駅]]、[[春日部駅]]、[[久喜駅]]、[[館林駅]])の構内には立ち食いラーメン店があるが、このうち久喜駅の店舗ではラーメンの他、そば・うどんも売られ取り扱っている。東武鉄道では立ち食いラーメン店が計4店あるが、久喜駅それ以外の3店はラーメン専門で、そば・うどんは取り扱われていない。
* 立ち食い店で初めて生麺を導入したのは[[名代 富士そば#特徴|「富士そば」(1987年)]]である<ref name="yomi">読売新聞ジョブサーチ2007年3月28日[http://job.yomiuri.co.jp/interview/jo_in_07032801.cfm 演歌に癒やされ、そばに真心]より。</ref><ref>「[http://www.k-mitsuwa.co.jp/komorodiv/index.html 小諸そば]」を生麺導入の先駆け的存在とした[http://www.president.co.jp/dan/20011200/01.html 記事(dancyu 2001年12月号)]もあるが詳細は不明。</ref>。
* 首都圏の主な駅周辺には「[[名代 富士そば|富士そば]]」チェーンや「梅もと」の店舗がよく見られる。
匿名利用者