「通信カラオケ」の版間の差分

編集の要約なし
===== BMB(旧・日光堂→ユーズBMBエンタテイメント)が発売した機種 =====
;neon(ネオン)、neonR
:neonは1997年、neonRは2000年発売。ともにナイト市場向けとして開発された。neonはディスクチェンジャー式。neonRはハードディスク一体型。BMB BeMAX'Sと互換性があるが曲数は少ない
:neonはディスクチェンジャー式で、neonRはハードディスク一体型。BMB BeMAX'Sと互換性があるが曲数は少ない。
:初代neonは2008年1月末に配信終了したが、neonRは配信継続中
;neonR2
:2004年発売。neonRの後継機。UGA同様縦置きに対応、ブロードバンド対応、[[Bluetooth]]<sup>&reg;</sup>対応のリモコンを装備している。
;B-kara(ビーカラ)
:2002年発売。BMB BeMAX'Sの曲がすべてリクエスト可能になり曲数の大幅増。[[アニメソング]]を大量配信した時期もあった。
;[[UGA (カラオケ)|UGA(ウガ)]]
:2004年発売。B-karaの楽曲も選択可能。縦置き(専用システムキャビネット使用)、プラズマビジョン対応。実演奏音源に対応するようになり、曲数は130,000曲(業界最多)を超えた<ref>[[2008年]]3月現在。[http://www.bmb.co.jp/product/equipment/uga/index.html BMBサイトの製品案内]より</ref>。業界初のBluetooth<sup>&reg;</sup>対応リモコン「コナビ」・電子早見本「ナビカラ」(オプション)に対応。2004年グッドデザイン賞受賞。
;U+(ウガプラス)
:2005年発売。曲数はUGAとほぼ変わらないが、業界最高水準の128音に対応。また、動画収録数の大幅増加やハイビジョン出力対応など、動画関連の強化が目立つ。2006年グッドデザイン賞受賞
;UGA楽宴(-らくえん)
:2005年発売、2006年に名称そのままでマイナーチェンジ。宴会場などに対応したワゴンカラオケ。CCDカメラユニット標準搭載、客席側・歌い手側デュアルディスプレイなど高機能。Bluetooth<sup>&reg;</sup>リモコンにも対応。曲数はneon+UGAのスタ録。2006年グッドデザイン賞受賞
;UGA楽宴 Lite(-ライト)
:2007年発売。「UGA楽宴」の簡易版。曲数は約30000曲(発売時)。
 
===== パイオニアが開発した機種 =====
;BeMAX'S(ビーマックス)
:1995年発売。パイオニアと[[東映ビデオ]]、旧JHC(倒産→パイオニア子会社として再建→現BMB)、旧日光堂(現BMB)が共同開発し同一のプラットフォームを持つ。同じハードではあるがコンテンツは独立している。BMB BeMAX'Sがもっとも曲数が多い。また、東映BeMAX'Sは一部にアニメ映像を使用している。2007年1月末配信終了したが、電話回線に接続すれば利用可能
;Super BeMAX'S(スーパー・ビーマックス)、V-BeMAX'S(ブイ・ビーマックス)
:Be MAX1998年発売。BeMAX'Sの上位機種で'''フリカラ'''などの機能がある。大容量ハードディスクとDVD動画を使用。V-Be MAX'Sはコストパフォーマンスを重視したモデル。旧日光堂は開発に参入せず1997年に独自開発ハード「neon」持つようになる(neon発売、BeMAX'S連合から離脱した(BMB BeMAX'Sの配信B-kara)サポートは継続)
:このハードは2002年、パイオニアのカラオケ事業撤退により'''BMB'''に権利を譲渡した。2004年には東映ビデオも権利を'''BMB'''へ譲渡。こうしてBMBは、一度連合から離脱しながら、最終的にBeMAX'Sシリーズ全機種の権利を手中に収めた。
 
===== USENが発売した機種 =====
;U-kara(ユーカラ)シリーズ(U-kara、U-KARA02、U-kara II、U-kara 3)
:U-karaは1994年、U-KARA02は1995年、U-kara IIは1996年、U-kara 3は1999年にそれぞれ発売。
:[[松田聖子]]全曲配信・彼女のイメージキャラクター抜擢で話題となった。
:USENとの資本・業務提携の一環として権利を譲り受け、現在は'''BMB'''の権利。
:U-kara 3を除いて、く旧機種は2008年1月末に配信終了したが、電話回線に接続すれば利用可能
 
===== タイカン(現・BMB)が発売した機種 =====
;ビビットメディア (Vivit)
:2000年発売。発売ら2年後、タイカンはBMBと合併し消滅、現在は'''BMB'''が権利を持。またBMBとの合併前に、セガカラにも楽曲を配信していたため、曲のラインナップと選曲番号はセガカラとほとんど同じである。また、家庭用ハンディカラオケ『MicBoy(マイクボーイ)』のフラッシュROMへ配信曲を追加する機能を持つ
:発売から2年後、タイカンはBMBと合併し消滅、現在は'''BMB'''が権利を持つ。
:セガカラは2008年1月末で配信を終了したが、ビビットメディアには現在も新曲が配信されている。
 
;NET(ネット)シリーズ(NET7000、NET II、NET III)
:曲数は少ないが、レーザーカラオケとの掛け合わせが可能。
:2007年6月、BMBが株式会社CTAの株式を創業者一族から取得し子会社化、「NET」シリーズの権利を獲得。そして同年9月1日をもってBMBにカラオケ事業を譲渡した。<!-- 現在株式会社CTAは企業としては休眠状態である。 -->
:NET7000は既に配信終了、NET IIも2008年6月末に配信終了する予定(NET IIIは継続)。
 
==== エクシング ====
[[ブラザー工業]]グループ。現在でこそ第一興商やBMBグループの後塵を拝しているが、世界初の通信カラオケであるタイトー「X-2000X2000」と同じ1992年に「JOYSOUND(JS-1)」を発売した、業務用通信カラオケの先駆者である。
 
===== エクシングが発売した機種 =====
;[[JOYSOUND]](JS-1/2/10/20シリーズ)
:JS-1は1992年、JS-2/10は1993年、JS-20は1994年にそれぞれ発売。
:通信カラオケ黎明期に発売。一時期1997年にDAMに抜かれるまでは通信カラオケのシェアの1位であった。
:JS-1/JS-2/JS-10シリーズは2006年8月に新規配信終了。JS-20シリーズも2008年9月末に新規配信終了する予定。なお、配信終了した機種も電話回線に接続し使用料を支払えば、配信終了時までに配信された楽曲でカラオケを楽しめる。
;HyperJoy(JS-30)、HyperJoy V2(JS-70/70II)、HyperJoy WAVE(JS-W1)
:[[DAM (カラオケ)|DAM]]などに押されて、いまいちパッとしなかったJOYSOUNDだったが、新機種「HyperJoy」シリーズでは、[[アニメソング]]などの大量入曲が話題を呼んだ。このシリーズのシェアは[[DAM (カラオケ)|DAM]]に次いで2位。HyperJoy WAVEの曲数は90000曲を超え、V2が持つブロードバンド機能に加え、[[ソーシャル・ネットワーキング・サービス|SNS]]に対応した[[うたスキ]]やリアルタイムの全国採点を導入した。
===== タイトー(JAX→現・エクシング)が発売した機種 =====
;X2000、X2000 PRO、X2000 STAR、X2000 STAR+
:[[1992年]]、世界で初めて発売された通信カラオケ機器。音質・画質ともに決して高いものではないが、その分[[Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)]]などのマニアック選曲でコアなファンの間ではDAM以上の人気があった。2007年11月30日配信終了。配信終了と同時にサービス全体が終了したため、現在は電話回線に接続しても利用出来ないが、収録曲は後継のLavcaへそのまま引き継がれている
<!--; X2000 PRO
: プロ音源を使用。-->
:量より質に徹底した機種。曲数は少ないが、親会社だった日本ビクターの技術をフル活用、生コーラスを多くの楽曲に盛り込むなど音質面で工夫が見られる。[[SMAP]]の曲は全曲配信中。
:この機種は2006年4月に、日本ビクターのカラオケ事業撤退により'''エクシング'''グループに権利を譲渡した(エクシングがビクターレジャーシステムの全株式を譲り受け、後に吸収合併)。
:2008年3月末に初孫悟空シリーズ(無印・ナイト・ワゴン・DV-10アドオン)、2009年3月末に孫悟空V3への配信終了(予定)。なお、配信終了後も電話回線に接続して使用料を支払うことで、これまで配信された楽曲で引き続きカラオケを楽しめる。
 
===== ワキタが発売した機種=====
; セガカラ for PC
: [http://segakarapc.jp/ 外部サイト参照]
 
 
== 脚注 ==
匿名利用者