「両備ホールディングス」の版間の差分

2006年には、自主再建を断念し整理回収機構の協力のもとで「企業再生スキーム」を活用した私的整理・再生手続きを行っていた、広島県福山市に本社がある[[中国バス]]の事業継承のスポンサーとして名乗りを上げ、同年12月22日に旧両備バスが設立した新法人の株式会社中国バスが同社の事業を引き継いだ。
 
また、両備ホールディングス本体でも生活関連部門の充実にも力を入れており、不動産事業やスーパー事業などにも力を入れている。旧・両備運輸関連カンパニーによる[[M&A]]も後押しして、結果としてバス部門の年商はすでに旧両備バスの3割程度<ref>[http://www.ryobi.gr.jp/message/message03.html 両備ホールディングス(株)設立について]より</ref>となっている。
 
== 歴史 ==
匿名利用者