「冠詞」の版間の差分

編集の要約なし
しばしば[[接語]]であり、また直後の語の発音によって変化することがある。たとえば、次の語の語頭が[[母音]]であるときに、次が[[子音]]であるときに比べ、母音を省略したり子音を補ったりすることがよく行われる。英語の定冠詞は、次が子音であるときに弱形の発音を持つ。
 
一部の言語では、[[前置詞]]と隣接するとき、前置詞と結合して[[前置詞と冠詞の縮約|縮約形]]となることがある。フランス語では縮約形を持つ組み合わせの時には、必ず縮約形を使わなければならない(例:de+le→du)が、[[ドイツ語]]ではどちらも取りうる(例:von+dem→vomだが定性を強調したい場合はvon demのままとする)など、言語によって様々である。
 
==冠詞の種類==
*その名詞が表すもの総体。~というもの。
*固有名詞の前で使われることがある。英語では複数形の固有名詞の前(例:[[バハマ]] The Bahamas)。フランス語では国や川の名前の前、また特定の人名、都市名(例:[[ル・コルビュジエ]] Le Corbusier)。
*形容詞を名詞化する。例えば、英語で the rich は「金持ち」を表す。
 
冠詞は通常単語の前に独立して付けられる言語が多いが、言語によっては、定冠詞は名詞の後ろに付いて、活用語尾のように見える。このような定冠詞を'''後置定冠詞'''と呼ぶ。[[北ゲルマン語群]]の他、[[バルカン言語連合]]の[[ルーマニア語]]、[[ブルガリア語]]、[[マケドニア語]]、[[アルバニア語]]に見られる。
 
===不定冠詞、部分冠詞===
'''不定冠詞'''は、不定(文脈上、導入されたもの)を表す名詞の前に置く。一般に、数の [[1]] を表す単語が用いられる(英語は例外)。単数形しかない言語と、単複両形がある言語がある。前者の場合(英語のa/an、ドイツ語のeinとその変化形、[[オランダ語]]のeen等)は、単数の[[可算名詞]]の前にのみ置かれて、名詞が複数の場合や不可算名詞の場合には、未知のものを表す名詞の前でも置かれない。後者の場合、例えばフランス語では、単数の可算名詞には単数形un/une、複数の可算名詞には複数形desが置かれる。
 
'''部分冠詞'''は、フランス語、[[イタリア語]]などに独特の冠詞で、不可算名詞のための不定冠詞と考えられる。起源的には、[[属格|部分の属格]]から発生したもので、そのため属格の[[前置詞]]と定冠詞が合わさった形をしている。これは不定冠詞の複数形でも同様である。フランス語の場合は、属格の前置詞deを用いて、不定冠詞の複数形(男女同形)はde+les→des、部分冠詞は男性形de+le→du、女性形de laとなる。イタリア語の場合は、属格の前置詞diを用い、不定冠詞の複数形は部分冠詞として扱われる。
 
これに対して、[[スペイン語]]、[[ポルトガル語]]には、不定冠詞の単数形から[[アナロジー]]により派生した不定冠詞の複数形が存在する。
 
===ドイツ語===
[[ドイツ語の文法#冠詞]]参照すること。
 
単数の可算名詞には不定冠詞が付く。
 
;定冠詞
*derとその変化形(性、数、格に応じて変化する)
 
;不定冠詞
*einとその変化形(性、数、格に応じて変化する)
 
===オランダ語===
単数の可算名詞には不定冠詞が付く。
 
;定冠詞
*het(中性単数)
*de(通性単数・複数、中性複数)
 
;不定冠詞
*een
 
===フランス語===
[[フランス語の限定詞#冠詞]]参照すること。
 
;定冠詞
*le(男性単数)
*la(女性単数)
*les(男性・女性複数)
 
;不定冠詞
*un(男性単数)
*une(女性単数)
*des(男性・女性複数)
 
===スペイン語===
 
===イタリア語===
[[イタリア語の文法#冠詞]]も参照せよすること
 
イタリア語は定冠詞を多用する。たとえば my car は ''il'' mio automobile (''the'' my car) という。
 
===エスペラント===
エスペラントでは置くかどうか迷ったときは置かなくてもよい。数、性、格による変化はない。
 
;定冠詞
*la
 
=== アラビア語 ===
 
'''[[アラビア語の冠詞|アラビア語の定冠詞]]'''には数、性、格による変化はない。名詞に定冠詞がつくと形容詞にも定冠詞をつける。イダーファ構文(所有格を用いた、AのBといった構文)の場合では最後の単語(A)にのみ定冠詞をつける。不定冠詞は存在しないが、ほとんどの場合不定名詞の最後にnが付加される。
 
;定冠詞
*ال (al-)
匿名利用者