「飲茶」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| カタカナ=ヤムチャ
}}
'''飲茶'''(やむちゃ)とは、[[華人民共和|中国]][[広東省]]、[[香港]]、[[マカオ]]を中心に行われている習慣で、[[中国茶]]を飲みながら[[点心]]を食べることである。広東出身の[[華僑]]・[[華人]]が多い海外の[[チャイナタウン]]や、中国の[[ホテル]]の朝食などにおいても行われている。茶を飲む理由は、油分が多かったり、濃い味の点心とも合い、[[消化]]の促進や油分の吸収を阻害する手段にもなっている。
 
==歴史==
起源をたどれば、[[喫茶]]の習慣が本格化した[[唐]]代にまでさかのぼることができるかも知れないが、中世においてはせいぜい簡単な[[ナッツ]]類や[[菓子]][[茶請け]]として用いられ、あくまでも主体は茶にあった。このような形式で、茶請けを食べながら茶を飲む習慣は、[[浙江省]]、[[江蘇省]]、[[福建省]]、[[台湾]]などの[[江南]]地方を中心に、[[北京]]など各地で、現代も見ることができる。
 
その後、[[明]]代の大都市のひとつ現[[江蘇省]]の[[揚州]]で料理が発展し、各種[[点心]]も作られるようになった。揚州には「[[富春茶社]]」のような[[清]]代から続く茶店もあり、数多くの点心を出すことで知られている。揚州で飲まれる茶の主流は[[緑茶]]である。
 
一方、現[[広東省]]の省都[[広州]]でも、[[]]代から現在にまで続く「[[陶陶居]]」の様な料理店が数多くでき、料理だけでなく[[点心]]にも工夫を凝らして出すようになり、点心は間食としてよりも、朝食として重要な位置をしめるようになった。
 
[[香港]]は、多くの[[広州]]出身者がおり、20世紀には、料理も広州の料理を基本に、中国各地のみならず、各国の手法を取り入れて発展した。朝に[[点心]]を食べながら茶をのむ習慣も根付いており、後には午後のおやつや昼食として点心を食べ、併せて茶を飲む人も増えた。現在では、生活習慣の多様化に合わせて24時間営業する飲茶の店もある。香港において、主流は[[プーアル茶]]、[[烏龍茶]]、[[菊花茶]][[寿眉茶]]などで、[[緑茶]]は余り飲まれない。
 
なお、[[イギリス]]に統治された歴史があり、[[広東]]系の[[華人]]が多い[[シンガポール]]において、[[ハイティー]]は、[[紅茶]]や[[サンドイッチ]]などの[[西洋料理]]の軽食のほか、[[シュウマイ]]など[[中華料理]]の[[点心]]も供され、飲茶の様式を取り入れたものになっている。
 
==日本における飲茶==
日本の[[中華料理]]店で出す[[点心]]は、[[華北]]風の[[餃子]]や[[上海]]風の[[小籠包]]や[[饅頭|餡饅]]が主流であったが、[[1980年代]]以降、[[香港]]を訪れる観光客が増えるのに連れ、日本でも[[広東]]式の点心を出す店が増えた。
 
特に[[1990年代]]には、中国で食品の冷凍技術が発達し、[[点心]]を輸出できるようになると、これを蒸したり揚げたりして出す[[中華料理]]店も増え、食べられる店が増えた。近年、日本においては[[回転寿司]]のレーンの上に小型の保温容器を乗せてまわす[[回転飲茶]]ができているが、多くは中国製の[[冷凍食品]]を利用している。
 
日本の大衆的な店においては、飲茶イコール[[点心]]を腹一杯食べることであって、茶を飲むことには重点が置かれない。このため、用意されている茶も安物であったり、種類が[[ジャスミン茶]]など定番のみである場合も珍しくない。
 
[[Category:喫茶文化|やむちや]]
363

回編集